チャリティー情報を解説「Charity Information Acquisition」です。

チャリティーの歴史について紹介します。
慈善活動を意味するチャリティー活動。日本でチャリティーと言って思い浮かべるのは、毎年夏に行われる24時間テレビや赤い羽根共同募金、あしなが育英会などではないでしょうか。
体に障害をもつ人や高齢者、両親のいない子供たちなど社会が手を差し伸べて支援する活動です。
慈善やチャリティーという考え方が、歴史上いつ始まったのかは定かではありませんが、一説によると世界的には先史時代からあったのではないかと言われており、日本においては縄文時代からあったであろうと言われています。
チャリティーは、宗教の中にその精神が含まれている場合が多く、日本では、平安時代には儒教によって、鎌倉時代においては仏教僧によってその活動が行われていました。明治時代以降になると、 西洋文化の流入とともに、キリスト教の教えが広まり、西洋流のチャリティー活動が広まったようです。

自らチャリティ活動をするとかは苦手だけど、気持ちだけでもチャリティに参加したい。そう考えている人は少なくないはず。
そんな時はチャリティグッズの購入などでチャリティに参加することもできます。
例えば盲導犬や盲導犬を引退した犬たちを支援するチャリティとして、毎年カレンダーを作成しているところやワンちゃんグッズの販売しているところがあります。同じ犬グッズがあるのならここから。それもチャリティへの参加の仕方の一つです。